So-net無料ブログ作成

レモン鉢植え替え [レモン]

今朝は本当に冷え込みました。昨日もこの冬一番の冷え込みだと思っていたら、なんとさらに今朝は寒さがギアアップしてしまいました。こう寒いと朝の出勤前の畑チェックもつらくなりますね。さすがに今朝は畑に行く気力がうせました。朝に畑に行けないとそのまま仕事を終えて帰宅したらもう夜です。ブログに載せる画像はなしとなります。あれこれ考えて、今日はレモンを取り上げることにしました。このブログで以前にレモンを取り上げたのはいつ頃だったでしょうか。母がもらってきた自家栽培レモンの種を冗談半分で撒いたら発芽したのは夏の初め。それからずっと屋外に放置でしていました。1、2回化成肥料を与えはしましたが、世話らしいこともせずに気がついたらもう12月。秋頃までは青々として成長していたので鉢も小さく感じていました。植替えしたあげないとなあと思いつつなかなかできませんでした。葉っぱも落ちてしまってちょとかわいそうな事をしました。あれこれ調べてみると、ゆずやみかんと違って同じかんきつ類でもレモンって寒さにとても弱い果樹であることがわかりました。すだちの鉢植えを屋内に取り込んだのを期に、レモンも屋外から屋内に入れてちょっとサイズの大きい鉢に替えてあげることにしました。昨日、鉢替えしたのですが鉢が浅くて根がすぐ底に触れてしまいそうだったので、もう一度、鉢替えすることに。自分が考えていたより、レモン苗は大きくなってういたと言うことでした。

HI3B2379.JPG

屋内に持ち込むことに、決めたものの実際に取り込んでみると色々心配が出てきました。気温は戸外より格段に暖かいものの、陽射しが十分でないですし、屋内だって1日中暖房している訳ではありません。上手く行かないなあとつくづく感じていました。これで、24時間温度管理できて、日照も問題なければなあ..なんてぜいたくな妄想をしていたのですが、ふと気が付いたのは仕事場の事。私の仕事場はいわゆるコンピュータマシンルームというやつで(正確にはサーバルーム)、なぜか、1日中、ルーム内に机を置いてそこに座っている仕事なので、年中空調が効いていて25℃。もちろん24時間ずっと。少々、乾燥気味な事と、日照に不足ありですが、窓辺に置いておけばある程度の日当たりは得られます。緑のない職場なので机の上で何か鉢植えでも置きたいと感じていたところでしたので、レモンのような温暖な気候が必要な果樹はピッタリです。植え替えてしばらく様子を見て元気そうだったら、職場に持って行こうかなと思います。さっそく、昼休みに植替え資材を買い求めに行きました。そもそもがタダの苗。枯れても、損はないのですがやはり種から育てているので愛着もあります。レモンが実る日を夢みるくらいは自由だぁ..。ちなみに、レモンの実生が結実するかはわかりません。理論的にはほかのかんきつ類はダメらしいのですが、レモンは可能性があるそうです。夢ありますね。今回、鉢植え資材はすべて100均ショップで揃えました。植替え作業は先ほど終わったのですが、とにかく外は寒いし自分の部屋で全部作業しました。とても園芸している気分ではなく、プラモデルを組み立ててるような気分です。冬の夜でも可能な園芸作業としてはまあ良いかなとも思います。こうして、帰宅後作業でブログにも掲載可能な訳ですし...。購入資材は、テラコッタ風の4号素焼き鉢、受け皿とセット。ハンギング用の専用土2.3L。他にも、2.5Lの観葉植物用とか、園芸用の専用土もありましたが、バーミキュライト入りだったのでこちらに決定。ゼオライトと水苔、水やり用のプッシュボトル。しめて500円でした。少量の資材を多種買う時は100均はオススメです。

HI3B2378.JPG


水苔を買うのは人生で初めてだ!。こんなもの買うようになるとホント、いかにも趣味の園芸オッサンぽくってあんまり、おしゃれじゃない!と痛感です。

HI3B2380.JPG

ゼオライトも以前から気になっていた資材です。100均ショップで売ってるのはちょとびっくりです。しかもこんなに少量。うれしいですね。カラーリングまでしていて小技が効いてます。

HI3B2381.JPG

4号の素焼き鉢。深さが気に入りました。底鉢石とゼオライトを敷くと結構底上げ状態になるので底が深いのは都合良しです。トレイもセットで100円はうれしいですね。

HI3B2382.JPG

こんな小道具も便利そうです。屋台の焼きそば屋が鉄板に油を敷くときに使っているやつの小型版です。

HI3B2383.JPG


購入資材は以上です。早速、作業開始です。まずは水苔を水で戻します。水はしいたけ原木用に汲み置きしていた水を採ってきました。

HI3B2384.JPG

鉢底ネットを敷いて、鉢底石を敷きます。いつもならネットで包むのですが今回は根がネットに絡みつくといけないのでネットには入れません。いちごは親株は最終的に捨ててしまうのでもし、根がからんでも最後は切ってしまいます。レモンはそう言う訳には行きません。

HI3B2385.JPG

ハンギング用の土にゼオライトを混ぜます。さすがに室内なのでレジ袋に入れて混ぜました。

HI3B2387.JPG

さらにゼオライトだけ鉢底石が隠れる位まで入れました。

HI3B2388.JPG

苗を鉢から取り出し鉢に入れ、高さの調整を行います。

HI3B2389.JPG

ちょっと土を入れすぎ気味になりましたが、鉢替え完了!

HI3B2390.JPG

これで来年くらいまでは植替えなしで行けそうです。

HI3B2391.JPG

水さしテストです。水はねなしで少量づつ水やりができます。霧吹きも必要かな?

HI3B2392.JPG

水苔を敷いて完了です。これは用土の乾燥防止対策です。

HI3B2393.JPG



トラックバック(0) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。